研究に関する告知

IMG_5624

東日本大震災において移動式眼科診療バスVision Vanが宮城県内被災地での眼科診療に果たした役割に関する研究のお知らせ

本研究の目的

本研究の目的は、東日本大震災後の宮城県内の被災地で眼科診療を目的に活動した移動式眼科診療バスVision Vanの果たした役割を検証することです。

本研究の概要

平成23年4月23日から5月29日まで宮城県石巻市、東松島市、女川町、気仙沼市、雄勝町において移動式眼科診療バスVision Vanを受診された方が対象です。受診された方の年齢、性別、主訴、診断結果、処方内容(処方薬・眼鏡・コンタクトレンズ)を東北大学医学部眼科学教室で収集・解析いたします。

個人情報の保護に関して

診療情報は、すべて日常の診療業務の中から生み出されたものであり、研究自体を目的として収集されたデータではありません。 すべてのデータは、診療録から個人情報以外のデータを用いて収集されます。またこれらの研究課題のすべては、東北大学大学院医学系研究科倫理委員会における審査をうけ承認を得られたものです。 もしこの研究についてのご質問等がおありの場合は、研究責任者または実務担当者までいつでもご質問ください。また御自身の情報を本研究に利用することについて、ご了承いただけない場合には、以下の研究責任者または実務担当者にご連絡ください。

平成25年4月25日

研究責任者

東北大学医学部眼科学教室  教授  中澤 徹

実務担当者

東北大学医学部眼科学教室 特任助手 土井 洋
連絡先:022-717-7294

学会・研究会案内