HOME > 東北大学アイバンク

第5回アイバンクセミナー 眼の健康を守るために

日 時 平成26年8月23日(土) 13:00〜15:00
場 所 AER5階(ネ!ットU 仙台市情報・産業プラザ)
〒980-6105 仙台市青葉区中央1丁目3番1号(AER5階)
TEL:022-724-1200
アクセス バス:仙台市営・宮城交通「仙台駅前」下車徒歩約3分
地下鉄:地下鉄南北線仙台駅下車 青葉通・JR線方面北8番出口より徒歩約3分

JR:仙台駅下車 中央改札から名掛丁方面8番出口より徒歩約2分
※会場に駐車場はございませんので公共交通機関でお越しください。

募集人数 300人
目の健康をお考えの方であれば、どなたでもご参加いただけます。
参加費 無料
参加方法 参加ご希望の方は、直接会場へお越しいただけますが、お席に限りが御座いますので、ぜひ事前申込にご協力ください。

こちらから事前申込書を印刷できます

 

東北大学アイバンク

(東北大学アイバンクパンフレットより)

 

障害を持つ人々への支援を呼びかけるヘレンケラー女史の運動により、日本においてもアイバンク設立の動きが高まる中、1968年12月に財団法人東北大学アイバンクが設立されました。
設立に際しては、ライオンズクラブ、ロータリークラブ、仙台青年会議所、宮城県医師会、仙台市医師会、宮城県眼科医会が中心となり物心両面から支える協力体制が築かれました。アイバンク設立から3年後の1971年に、故水野勝義先生が眼科教授として赴任し、アイバンク理事長に就任しました。これを機にさらに活動も広がり、年間平均20例前後の角膜移植が行なわれるようになりました。
その後、1985年に玉井信先生がアイバンク理事長に就任し、移植の実績を積み重ねるとともに、献眼運動の輪を広げてきました。2006年には西田幸二先生(現大阪大学)が眼科教授および東北大学アイバンクの理事長に就任し、ライオンズクラブ、宮城県医師会、宮城県眼科医会、仙台市眼科医会との協力体制を強化し、更に発展してきました。
東北大学アイバンクは、これまでに842例(平成24年3月末現在)の角膜移植手術を行なっており、多くの方々が光を取り戻すお手伝いをしてまいりました。そして現在も100名を越える方が移植手術を待っており、高齢化社会の到来もあいまって、アイバンクの重要性は益々高まっています。
2011年9月に中澤徹先生が、新たな東北大学眼科教授並びにアイバンク理事長に就任しました。今後も東北大学アイバンクは中澤先生を中心に、広く県民の皆様にアイバンク活動の意義を浸透させ、更なる社会貢献のため、いっそうの活動内容の充実に取り組んでいきます。

 

角膜移植とは・・・

角膜とは、眼球の一番前にある直径11〜12oの透明な膜のことです。角膜は黒目を覆っている透明な組織です。これを通して光が網膜に達し物が見えます。角膜が病気やけがでなどで濁ったり変形したりすると、視力が低下したり見えなくなったりします。
このような角膜を、透明な角膜と取り替える手術を角膜移植といいます。
移植を受けた方は、視力を回復することができます。この透明な角膜は、亡くなられた方からアイバンクに提供いただき、移植されます。人工角膜の研究も進んできていますが、現在のところはヒトの角膜が最良です。

平成23年度東北大学アイバンクにおける角膜移植関連状況

(平成24年3月31日現在)

 

1. 角膜提供新規登録者数 平成23年度累計 31名
2. 眼球提供者数(献眼数) 平成23年度累計 10名 (20眼)
3. 角膜移植手術例数 平成23年度累計 16例
4. 角膜移植待機患者数   106名

 

角膜を提供いただくときは・・・

献眼の意思のある方が亡くなられた時、ご家族のご承諾のもと、医師が眼球をいただきにまいります。早めの連絡が必要です。目をご提供頂いたご遺体には医師が丁寧に処置し、義眼を挿入いたしますので、お顔が変わることはありません。
いただた眼球は医学的な検査をおこなったのち、移植病院に運び移植をお待ちの患者様に手術されます。

 

次のような方は献眼できます。

  1.アイバンクに登録されている方でご家族のご承諾があるとき

  2.アイバンクに登録されていない方でもご家族のご承諾があるとき

  3.ご高齢の方、白内障など目の手術を受けた方

  4.遠視・近視・老眼の方

  5.死後24時間以内の方

  6.移植を受ける方に影響のある感染症のない方(B型肝炎・C型肝炎・その他)

  7.死因が確認できる方

 

献眼登録及び献眼のお問い合わせは・・・

東北大学アイバンクまでご連絡ください。24時間いつでも連絡可能です。

東北大学アイバンクホットライン TEL 022−728−3677

献眼の場合、お亡くなりになってから24時間以内に目を摘出させて頂きますので、ご連絡はなるべく早くお願いします。
医師が到着しましたら眼球摘出と採血の承諾を頂いてから、眼球の摘出をいたします。必要な時間は、通常1時間〜1時間半です。但し、ご遺体の状況により個人差がありますので、もう少しかかる場合もあります。

 

献眼にあたって大切なこと

登録されている方がお亡くなりになっても、ご家族様からのご連絡がなければ意思は生かされません。日頃からご家族の皆様に献眼についてのご意思をお伝えしておくなど、前もってご理解頂くようお願いします。

 

今、東北大学アイバンクでは・・・

ひとりでも多くの患者様に、光を取り戻していただくため、次のような事業に取り組んでいます。

(1)提供していただける角膜の数を増やしたい。

献眼者が不足している現在の状況を解決するためには、広く県民の皆様に理解していただくことが大切だと考えています。さらに、多くの医療関係者の方々にお願いするなど、病院をはじめ、学校、企業、その他の施設・団体などをまわりながら積極的な啓発活動をおこなっています。
また、会報「東北大学アイバンクだより アイ愛」(年1回)の発行や、市民講座「東北大学アイバンクセミナー」(年1回)を開催しています。
角膜の提供に関心のある方、またはアイバンク活動に興味のある方はお問い合わせください。
リーフレット、会報をお送りいたしますので、お気軽にご連絡ください。

(2)患者さんに安心して移植手術を受けてもらいたい。

東北大学アイバンクの活動費のすべては、皆様からの善意にもとづく寄付によってなりたっています。しかし現状では、角膜の輸送、保存、登録、通信連絡、設備、薬品や器具の購入などの費用をまかなうのがとても困難になってきています。このままでは宮城県内において、眼の不自由な方に角膜の移植手術ができなくなってしまいます。そうならないためにも、県民の皆様に、安心して移植手術を受けていただけるような地域づくりを、皆様と共に作っていくことが大切であると考えています。
東北大学アイバンクでは、広く県民の皆様を対象に寄付のお願いをさせていただいております。どうかアイバンク活動にご理解いただき、ご支援いただきますよう心よりお願いいたします。

【協力会員募集要項】

 年会費は、1口 1,000円です。
 詳しくは、アイバンク24時間ホットライン(022‐728‐3677) までお尋ね下さい。

 

こころ温まるご支援をいただきましてありがとうございます

【協力企業・協力団体】

(株)アールテック・ウエノ、エイエムオー・ジャパン(株)、MSD(株)、大塚製薬(株)、カールツァイスメディテック(株)、栗原若柳ライオンズクラブ、興和創薬(株)、参天製薬(株)、(株)シバタインテック、(株)水晶堂眼鏡店、(株)セイミ、仙台市医師会、仙台市眼科医会、仙台和光純薬(株)、(株)ソノベ、田辺三菱製薬(株)、(株)トプコンメディカルジャパン、(株)トラストメディカル、日本アルコン(株)、(株)日本眼科医療センター、(株)日本点眼薬研究所、(社)日本眼鏡技術者協会宮城支部、ノバルティスファーマ(株)、(株)日立プラントテクノロジー、ファイザー(株)、HOYA(株)、宮城県医師会、宮城県眼科医会、(財)宮城県対がん協会、宮城トヨタ自動車(株)、(株)メガネの相沢、(株)ユニハイト、ライオンズクラブ国際協会332-C地区キャビネット事務局、ライオンズクラブ国際協会332-C地区第一リジョン第四ゾーン・第五ゾーン、わかもと製薬(株)、(有)わたなべ会計

【協力病院】

―仙台市内―

● 青葉区
JR仙台病院、仙台厚生病院、仙台社会保険病院、仙台逓信病院、東北公済病院、東北労災病院、東北大学病院眼科

● 宮城野区
仙台医療センター、仙台東脳神経外科病院、東北厚生年金病院

● 若林区
NTT東日本東北病院、仙台市立病院

● 太白区
広南病院、仙台赤十字病院

● 泉区
仙台徳洲会病院、松田病院

―仙台市外―

● 仙南エリア
公立刈田綜合病院、みやぎ県南中核病院

● 名取・岩沼・塩釜エリア
公立黒川病院、坂総合病院、塩釜市立病院、仙塩総合病院、松島病院、宮城県立ガンセンター

● 大崎エリア
永仁会病院、大崎市民病院、大崎市民病院岩出山分院、大崎市民病院鳴子分院、涌谷町国民健康保険病院

● 栗原エリア
栗原市立栗駒病院、栗原市立栗原中央病院、登米市立佐沼病院

● 石巻エリア
石巻赤十字病院、石巻市立病院、女川町地域医療センター、仙石病院

● 気仙沼エリア
気仙沼市立病院、公立志津川病院

● 県外病院
公立相馬総合病院(福島)、山形市立病院済生館(山形)

【協力医院】

―仙台市内―

● 青葉区
あさひがおか眼科、阿部眼科診療所、今井眼科医院、大橋眼科医院、おくやまアイクリニック、小田眼科医院、鬼怒川眼科医院、木村眼科医院、小林眼科医院、さいとう眼科、笹森医院、佐藤眼科医院、佐藤裕也眼科医院、さど眼科、春樹記念眼科診療所、平成眼科病院、むとう眼科医院、山本眼科医院、わだゆうこ眼科クリニック

● 宮城野区
岩切中央眼科、神尾眼科、仙台駅東口大槻眼科、タカジン眼科、みやぎの眼科

● 若林区
佐瀬眼科医院、前川眼科、矢端眼科医院、わかばやし眼科

● 太白区
志賀眼科、高瀬眼科医院、徳永眼科医院、とみざわみなみ眼科クリニック、西多賀眼科医院、長谷川眼科医院

● 泉区
いずみクリニック、菊地眼科医院、シオノ眼科、たけだ眼科、針生眼科医院、町田眼科医院、南中山眼科クリニック、山田孝彦眼科

―仙台市外―

● 仙南エリア
浅野眼科医院、いのまた眼科、大槻眼科医院、大沼眼科医院、水戸眼科医院、八木沼眼科クリニック、油井眼科医院

● 名取・岩沼・塩釜エリア
浅野みつや眼科医院、板橋眼科医院、氏家眼科医院、かとう眼科医院、鈴木眼科医院、鈴村眼科、多賀城眼科、沼崎小児科眼科クリニック、松永眼科、宮町脳神経眼科クリニック、やすい眼科、わく沢眼科医院、わたり眼科、亘理浅野眼科医院、渡辺眼科医院

● 大崎エリア
一迫眼科、かしまだい中央眼科、菅野眼科医院、熊谷眼科皮ふ科、つのだ眼科、野崎内科胃腸科、古川中央眼科、星眼科医院

● 栗原・登米エリア
あさの眼科医院、佐藤進眼科、三浦眼科医院、ごとう眼科、みうら眼科医院

● 石巻エリア
大街道もり眼科医院、佐久間眼科小児科医院、菅原眼科医院、なかがわ眼科、ものう眼科クリニック

● 気仙沼エリア
小林直樹眼科、武田眼科医院

● 県外医院
マルイ眼科(福島)、山田眼科医院(秋田)

【協力会員】

青木惠一、赤坂邦代、浅井千代子、安達則子、阿部昭夫、阿部純子、阿部純哉、阿部實、阿部吉男、安斉一男、安齊信子、安藤厚子、五百城文則、伊賀雅博、五十嵐明文、石井里美、石垣光崇、石垣るり子、石川文央、石川昌子、石田滋子、石山敬子、和泉信雄、和泉美穂子、伊藤義三郎、伊藤寿美子、伊藤規雄、今井克忠、岩佐典子、岩下香代子、上杉玲子、牛袋ちよ子、江崎範光、榎戸美子、江村政紀、遠藤厚子、遠藤亨、遠藤敏、遠藤誠、遠藤康彦、遠藤律子、及川榮久、及川京子、及川智恵子、扇要仁、大久保さと子、大坂雅亮、太田忠則、太田通、大友幸子、大友孝子、大沼清宏、大場直美、大橋香澄、大橋理恵、大村守、岡善男、小笠原喜美子、尾形和子、尾形隆志、尾形なる子、奥田利夫、小田嶋テル子、小野寺美智子、小野寺美津子、嘉数研二、角田淳一、角田傳、笠島ハマ子、笠原種夫、笠原康弘、梶原さよ子、粕谷ツキ、加藤静子、加藤俊和、加藤美智子、上西則子、金子弘志、金子祐一、金田光司、鹿野壽悦、鎌田茂、鎌田やちよ、神山周子、加美山正義、亀谷恵美子、亀山勝子、亀山久夫、加茂エミ、河原まさ、菅野芳男、菊地信子、菊池はま子、菊池雅人、北田大宜、木村亨、熊谷みよ、車塚和子、黒石佳彦、黒沢健一、郷家ふぢよ、後藤清、後藤政志、小沼シゲ子、小林慶子、小林桜男、小林富子、小東貴、駒形艶子、小室敏、小山厚子、小山いく子、小山勝年、小山敏子、小山正之進、小山正彦、小山ミヨ、紺野トミ子、佐伯利雄、西條和夫、齋藤順子、齊藤孝子、齋藤裕、酒井博幸、佐柄佐智子、佐柄秀人、坂本武史、佐々木武子、佐々木久子、佐々木秀治、佐々木博子、佐々木文江、佐々木正美、佐々木あおい、佐々木奈都子、佐々木みつ子、佐々木れい子、佐藤昭男、佐藤英美子、佐藤京子、佐藤京子、佐藤重幸、佐藤誉、佐藤卓生、佐藤ちゑ子、佐藤友行、佐藤直次、佐藤英記、佐藤秀子、佐藤弘、佐藤ふき子、佐藤雅子、佐藤やえ子、佐藤義明、三瓶清、三瓶千絵、三瓶春美、鴫原カツ子、渋谷彰子、下山正信、庄司つとせ、庄司弘子、白澤徹、菅原育子、菅原一浩、菅原京子、菅原誠一郎、菅原史子、菅原みさを、菅原裕子、杉山茂、鈴木昭子、鈴木巖、鈴木剛、鈴木せつ子、鈴木正信、関信男、瀬ノ上好子、曽根美代子、高野茂夫、高野妙子、高橋清夫、高橋耕一、高橋淑美、竹内優子、武山利子、田代修一、田中健、田村リツ子、丹野輝英、千葉直美、手代木禎子、寺田勝、寺山多喜子、東海林清人、東瀬寿美子、戸田俊博、豊田幸一郎、鳥海義和、中井格、永浦冨士夫、中里ゆか、中野カツヨ、中村和之、並木恒夫、行方友男、成毛祥代、成毛令子、新妻敏雄、新沼寿一、西原貞淑、仁和広司、野田百合子、芳賀壽子、羽角牧子、長谷洋子、畠山和子、八文字積子、八文字惣一、羽田悦子、羽田兵一、原信夫、半田仁、藤谷廣司、冨士原明美、星毅、堀木静香、堀越満里子、本郷貴代子、牧野恵子、牧野早智子、松浦明、松浦義人、三浦雅子、三浦美智子、三神徹、三澤一雅、三塚雅子、水戸輝男、三戸部孝治、南昭彦、村上恵久子、村上冴子、村上淑子、目黒茂子、目黒正見、本宮惠樹、森金五郎、森幸子、森卓滋、森信子、森澤舞、門間庄治、八島洋一、屋代健三、山口定男、山口徳子、山崎秀子、山島明、山田明美、山本峰聖、遊佐昌子、吉田みゑ子、渡辺雄一、渡部吉長

 

財団法人東北大学アイバンク
顧 問 村井嘉浩 [宮城県知事]
一力一夫 [河北新聞社 取締役会長]
務台猛雄 [宮城テレビ放送 代表取締役社長]
海輪 誠 [東北電力 代表取締役社長]
氏家照彦 [七十七銀行 代表取締役頭取]
玉井 信 [東北大学名誉教授]
理事長 中澤 徹 [東北大学教授(眼科学)]
理 事 相澤博彦 [(株)メガネの相沢 取締役社長]
嘉数研二  [宮城県医師会会長] 
高橋宮人 [仙台市健康福祉局局長] 
大久晃功 [(株)国際ツーリスト仙台 代表取締役]
佐々木淳 [宮城県保健福祉部次長]
田畑英伍 [(有)田畑会計事務所 代表取締役]
永井幸夫 [仙台市医師会会長]
山形和正 [宮城県眼科医会会長]
國方彦志 [東北大学准教授(眼科学)] 
横倉俊二 [東北大学講師(眼科学)]
監 事 佐藤裕也 [佐藤裕也眼科医院]
志賀信夫 [志賀眼科]
評議員 中沢幸男 [宮城県議会議員]
久道 茂 [宮城県対がん協会会長]
佐藤克己 [東北労災病院院長]
岡村州博 [東北公済病院院長]
市来正隆 [JR仙台病院院長]
和田裕一 [国立病院機構仙台医療センター院長]
亀山元信 [仙台市立病院院長]
桃野 哲 [仙台赤十字病院院長]
高林俊文 [公立刈田綜合病院院長]
内藤広郎 [みやぎ県南中核病院院長]
今田隆一 [坂総合病院院長]
小野寺幸男[大崎市民病院岩出山分院院長]
石井宗彦 [登米市立登米病院院長]
金田 巖 [石巻赤十字病院院長]
遠藤 渉 [前気仙沼市立病院院長]
藤倉眞一 [宮城県立視覚支援学校校長]
ライオンズクラブキャビネット事務局ガバナー
仙台ライオンズクラブ代表
仙台中央ライオンズクラブ代表
仙台エコーライオンズクラブ代表
仙台広瀬ライオンズクラブ代表
仙台キワニスクラブ代表
今井克彦 [今井眼科医院]
前川暢男 [前川眼科]

 

財団法人 東北大学アイバンク
〒980-8574 仙台市青葉区星陵町1-1 東北大学医学部眼科学教室内
TEL 22-728-3677  FAX 022-717-7298
e-mail: ynakamura@oph.med.tohoku.ac.jp

ページの先頭へ